アソシエイト

後藤 登(Noboru Goto)

昭和36年6月生

【経歴】

昭和55年3月 久留米大学附設高等学校卒業
昭和55年4月 京都大学文学部入学
昭和56年4月 京都大学経済学部へ転部
昭和59年10月 国家公務員上級試験(経済職)合格
昭和60年 3月 京都大学経済学部卒業
昭和60年 4月 環境庁(現環境省)に入庁(〜平成3年7月)
自然保護局、官房総務課、地球環境部(現地球環境局)等において法令改正、税制改正、環境計画の策定、温暖化防止条約交渉等の業務に従事
平成5年10月 太田昭和監査法人(現新日本有限責任監査法人)国際部に入所(〜平成8年3月)
米国会計基準及び監査基準に基づく会計監査業務に従事
平成8年4月 住友海上火災保険㈱(現三井住友海上火災保険㈱)に入社(〜平成15年3月)
経理部において、単独・連結決算、新会計基準導入、IR、内部統制、金融庁検査対応、三井海上火災保険㈱との合併等の業務に従事
平成9年3月 公認会計士試験合格
平成15年4月 公正取引委員会審査局に任期付職員法に基づき勤務(〜平成20年3月)
考査室及び企画室において、審査、審判、課徴金算定、独占禁止法改正等の業務に従事
平成20年4月 京都大学法科大学院入学
平成22年3月 京都大学法科大学院卒業
平成22年9月 司法試験合格
平成23年12月 司法修習終了
平成24年1月 第二東京弁護士会登録、さくら共同法律事務所に入所

【資格】

公認会計士(平成9年3月取得)

【弁護士会・団体活動】

日弁連中小企業法律支援センター委員(2013年6月〜)
日本公認会計士協会東京会研修委員
東京商工会議所中小企業の法務対応に関する専門委員会委員

【編著書・寄稿】

1. 日本弁護士連合会日弁連中小企業法律支援センター編「中小企業のための金融円滑化法出口対応の手引き」(商事法務,平成25年)(共著)
2. 日本弁護士連合会日弁連中小企業法律支援センター編「中小企業再生のための特定調停手続の新運用の実務」(商事法務,平成27年)(共著)
3. 「金融円滑化法出口化対応について・前編」(KINZAIファイナンシャル・プラン,一般社団法人金融財政事情研究会,平成25年2号掲載)
4. 「金融円滑化法出口化対応について・後編」(KINZAIファイナンシャル・プラン,一般社団法人金融財政事情研究会,平成25年3号掲載)
5. 「事業再生におけるタックス・マネジメント(1)」(TEIKOKU NEWS,帝国データバンク,平成26年10月)
6. 「事業再生におけるタックス・マネジメント(2)」(TEIKOKU NEWS,帝国データバンク,平成26年10月)

【講演】

1. 第二東京弁護士会会社法研究会「特定調停手続と経営者保証ガイドライン」
(平成26年7月9日)
2. 日本公認会計士協会千葉県会「事業再生の手法と専門家の役割」
(平成26年10月4日)
3. 日本公認会計士協会東京会「会社法改正」(平成26年10月27日)
4. 福島県弁護士会「弁護士業務に役立つ会計知識」(平成26年11月8日)
5. 第二東京弁護士会税法研究会「弁護士業務に役立つ相続税のポイント」
(平成27年2月27日)