法律情報

松尾慎祐弁護士2013年1月19日号の週刊ダイヤモンド特集「カネをかけずに納得の寺・墓・葬儀」でインタビューを受けました。

河合弘之弁護士泊昌之弁護士が執筆した記事「会社を清算せざるをえない時、何をすべきか」がビジネス法務 2月号特集「会社を立て直す再生手法」に掲載されました。

西村國彦弁護士のインタビュー記事「目指すは会員重視の太平洋クラブ再建」が、月刊ゴルフマネジメント12月号に掲載されました。

泊昌之弁護士松尾慎祐弁護士鞠子千春弁護士矢野亜紀子弁護士が、中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律に基づき、経営革新等支援機関として認定されました。

上田直樹弁護士金裕介弁護士が執筆した記事「デリバティブ商品の購入と解約〜今、何が問題となっているのか」が、月刊『KINZAI ファイナンシャル・プラン』12月号[特集]FPのためのデリバティブ再入門に連載されました。

荒瀨尊宏弁護士のインタビュー「任期付公務員として職務に従事して−弁護士側の視点」が掲載された「自治体と弁護士の連携術」が株式会社ぎょうせいより2012年10月15日に刊行されました。

松尾慎祐弁護士2012年10月号の月刊仏事「特別対談」に掲載されました。(詳細情報)

後藤登弁護士が、2012年9月22日(土)日経新聞朝刊に掲載されました。

金裕介弁護士が執筆した記事「金融ADRから考える金融商品勧誘における留意点(後編)」が、月刊『KINZAI ファイナンシャル・プラン』9月号「Catch-Up FINANCIAL LEGAL」に連載されました。

金裕介弁護士が執筆した記事「金融ADRから考える金融商品勧誘における留意点(前編)」が、月刊『KINZAI ファイナンシャル・プラン』8月号「Catch-Up FINANCIAL LEGAL」に連載されました。

松村昌人弁護士が共同執筆した「ゴルフ場の事業再生」が商事法務より刊行されました。

小野沢庸弁護士が執筆した記事「不招請勧誘の禁止」「適合性の原則」が、それぞれ月刊『KINZAI ファイナンシャル・プラン』6月号7月号「Catch-Up FINANCIAL LEGAL」に連載されました。

上田直樹弁護士が、2012年6月19日(火)に開催された社団法人日本クレジット協会主催法務研究部会講演において、「改正法を交えたカード会社に必要な犯罪収益移転防止法の基礎」と題する講演を行いました。

山脇康嗣弁護士を編集代表とし、大岩直子弁護士小林健太郎弁護士小野沢庸弁護士鞠子千春弁護士矢野亜紀子弁護士が共同執筆した『Q&A 外国人をめぐる法律相談』が、新日本法規出版株式会社より2012年5月28日に刊行されました。

竹内康二弁護士が2012年3月14日社団法人国際商事法研究所主催の「米国における債権管理実務セミナー」において、「米国における債権保全のテクニック」と題する講演を行いました。(詳細情報

河合弘之弁護士2012年3月5日号のAERA「現代の肖像」に掲載されました。

安部史郎弁護士鞠子千春弁護士矢野亜紀子弁護士が共同執筆した「改訂版 交通事故実務マニュアル 民事交通事件処理」が、株式会社ぎょうせいより2012年2月10日に刊行されました。

渡辺和也弁護士安部史郎弁護士鞠子千春弁護士矢野亜紀子弁護士が共同執筆した「スムーズな清算・再生のための倒産手続選択ハンドブック(改訂版)」が、株式会社ぎょうせいより2012年2月10日に刊行されました。

荒竹純一弁護士が執筆した「これってアウト?グレーならどうする?社内での著作権 利用Q&A」が、「ビジネス法務」2012年2月号(中央経済社)に掲載されました。 (詳細情報)

荒竹純一弁護士が執筆した「他人にメールで送ると、アウトになる理由」が、「PRESIDENT」2011年12.19号(株式会社プレジデント社)に掲載されました。 (詳細情報)

河合弘之弁護士が大下英治氏と共に執筆した「脱原発」が青志社より6月26日に刊行されました。
amazon(通常配送無料) 原子力資料情報室 青志社

Lawyer's MAGAZINE』2011.9.1 Vol.23(C&Rリーガル・エージェンシー社)の表紙および「弁護士の肖像」に河合弘之弁護士が掲載されました。
弁護士 求人|C&R
リーガル・エージェンシー社

松井清隆弁護士が執筆した「支援打切り先の債権管理・回収の実務」が、銀行研修社発行月刊『銀行営業推進』9月号の特集1「貸出債権劣悪化と支援継続の可否判断」に掲載されました。

西村國彦弁護士、松井清隆弁護士のインタビュー記事が、弁護士ドットコムの特別企画『弁護士列伝』(様々な弁護士に学生が直撃インタビュー!)に掲載されました。
西村國彦弁護士記事ページ
松井清隆弁護士記事ページ
弁護士列伝

鞠子千春弁護士矢野亜紀子弁護士が共同執筆した『「3・11」震災法務Q&A』が、三和書籍より2011年6月17日に刊行されました。

西村國彦弁護士が執筆した「メッチャ飛びのUSオープンチャンプ」と題する記事が、袖ヶ浦カンツリー倶楽部発行「袖ヶ浦」(第129号)にて掲載されました。(詳細情報)

竹内康二弁護士が執筆した「倒産実体法の契約処理」が、商事法務より2011年5月17日に刊行されました。

西村國彦弁護士が執筆した「ゴルフオデッセイ はにかみ弁護士の英米ゴルフ紀行」が、武田ランダムハウスジャパンより2011年4月8日に刊行されました。

当事務所が支援し、河合弘之弁護士が監事を務めるNPO法人中国帰国者・日中友好の会(代表は当事務所の池田澄江さん)が東北地方に慰問に行った記事が朝日新聞に掲載されました。(詳細情報)

荒竹純一弁護士が執筆した「主張と証拠を一挙に提出する総力戦」が、「BUSINESS LAW JOURNAL」 2011年4月号(レクシスネクシス・ジャパン株式会社)に掲載されました。
BUSINESS LAW JOURNAL 2011年4月号(レクシスネクシス・ジャパン株式会社)

国際的な経済・金融情報の配信・通信社であるブルームバーグ社(本社:ニューヨーク)が南総カントリークラブ(千葉県)の民事再生廃止と会社更生申立(会社更生申立はさくら共同法律事務所 弁護士西村國彦,担当弁護士松尾慎祐)について、双方およびゴルフ関係者から取材を行い、日本語と英語で世界配信記事にしてくれました。
すでに中国最大手のサウスチャイナモーニングポスト,米国ではUSA TODAY,インドではインディアン・タイムズが取り上げています。
また、雑誌ではビジネスウィークがブルームバーグ・ニュースの配信した記事を掲載 しており、世界的に波紋が広がっています。
「GS(ゴールドマン・サックス)のGSよるGSのための民事再生」ではなく、「(ゴルフ)会員の会員による会員のための会社更生」が認められたということです。

河合弘之弁護士・白日光弁護士及び山脇康嗣弁護士が担当した裁判員裁判のレポート 『殺人既遂で執行猶予を得た事案』が『季刊刑事弁護』(2010年7月10日発売:株式 会社現代人文社)に掲載されました。

荒竹純一弁護士が執筆した「著作物の利用」が、「BUSINESS LAW JOURNAL」 2010年7月号(レクシスネクシス・ジャパン株式会社)に掲載されました。

白日光弁護士が共同執筆した「教室から学ぶ法教育- 子どもと育む法的思考 -」が、株式会社現代人文社より2010年3月25日に刊行されました。

ターンアラウンド・パートナーズ・ガイド2010』(銀行研修社)に、当事務所の事業再生部門のインタビュー等が掲載されました。

Lawyer's MAGAZINE』2010.01.01 vol.13(C&Rリーガル・エージェンシー社)の「事務所探訪」のコーナーで当事務所が紹介されました。
弁護士 求人|C&Rリーガル・エージェンシー社

西村國彦弁護士が執筆した「最近気になる『新たな企業再生への道』」が、月刊ゴルフ場セミナー(ゴルフダイジェスト社)2009年8月号に掲載されました。

矢野 亜紀子弁護士のインタビューが、『弁護士業界大研究』(産学社)に掲載されました。

荒竹弁護士が執筆した巻頭言「コーポレイトガバナンスとブルドックソース事件(買収防衛策発動事件)」が、季刊「社外取締役Vol.19-2009.9」(特定非営利活動法人全国社外取締役ネットワーク、平成21年9月発行)に掲載されました。

千原曜弁護士が執筆した「改正特定商取引法が禁止する『再勧誘』『過剰販売』の範囲と対応策」が、「ビジネスロー・ジャーナル」(2009年11月号)に掲載されました。

荒竹弁護士が執筆した「勝手にコピー 新聞・雑誌からの記事流用。著作権侵害となるボーダーは」が「プレジデント2009年8.3号」(プレジデント社、平成21年7月13日発売)に掲載されました。

当事務所の弁護士荒竹純一が執筆した「日常業務の中の法違反を防ぐ!著作権法違反防止マニュアル」が月刊「ビジネス法務7月号」(中央経済社、平成21年5月21日発売)に掲載されました。