セミナー

当事務所におきましては、顧問先企業様へのサービスの一環として、当事務所の所属弁護士による無料セミナーを開催しております。
次回は平成27年7月9日(木)16:00〜、当事務所のパートナー弁護士3名にて、各企業において、思わぬトラブルに陥ることが多い、労働法の基礎知識、従業員トラブルの実態・リスクとその対策について、実践的に解説をします。
皆様の多数のご参加をお待ちしております。
セミナーの詳細・お申し込みについてはこちらをご覧ください。

上田直樹弁護士が、2012年6月19日(火)に開催された社団法人日本クレジット協会主催法務研究部会講演において、「改正法を交えたカード会社に必要な犯罪収益移転防止法の基礎」と題する講演を行いました。

竹内康二弁護士が2012年3月14日社団法人国際商事法研究所主催の「米国における債権管理実務セミナー」において、「米国における債権保全のテクニック」と題する講演を行いました。(詳細情報

西村國彦弁護士が、平成24年1月27日(金)有楽町LA/STELLAにて開催された、日本ゴルフジャーナリスト協会 2012年新春セミナーにおいて講演を行いました。

青木秀茂弁護士が埼玉県赤十字血液センター主催の第35回日本血液事業学会総会の「献血者受け入れから採血まで」というワークショップに参加し、「献血苦情の類型とその対応」というタイトルの講演を行いました。(詳細情報)

髙野裕之弁護士が、平成23年8月21日(日)東京・ウラク青山にて開催された、日本抗加齢美容医療学会主催のMBF青山セミナーにおいて、「悪性腫瘍誤診の法的責任について」のタイトルで講演を行いました。
また、斎田俊明氏(信州大学名誉教授)、玉田伸二氏(日本皮膚病理研究所所長)、安齋眞一氏(日本医科大学皮膚科准教授)らと共にディスカッションを行いました。

竹内康二弁護士が2011年6月13、14日にコロンビア大学ロースクール(ニューヨーク州)にて開かれた「11th Annual International Insolvency Conference」において下記タイトルの講演を行いました。
Sale of Business in Bankruptcy Context in Japan

荒竹純一弁護士が、平成23年6月2日(木)東京・半蔵門企業研究会セミナールームにおいて、下記タイトルの講演を行いました。
社団法人企業研究会
ビジネス著作権〜特に侵害論(模倣の範囲)〜の基礎実務

千原曜弁護士が、平成23年6月3日(金曜日)、 富士ソフト アキバプラザにおいて、全国直販流通協会の特定商取引法関連のセミナーを行いました。(詳細情報)

千原曜弁護士が、平成23年1月27日(木曜日)、全国直販流通協会セミナーにおいて、 「最近の行政処分から学ぶ社内コンプライアンス体制構築の重要性」と題するセミナーを行いました。

松井清隆弁護士が、6月17日(木曜)東京・日本橋茅場町の金融財務研究会本社セミナールームにおいて、下記タイトルの講演を行いました。
事業再生、東京地裁民事第8部の最近の運用、M&A、経営改善のポイント等について実例を踏まえて分かりやすくご説明致します。(詳細情報)
主催:経営調査研究会
『ケーススタディで学ぶ事業再生・経営改善の手順』(外部サイトへリンク)

荒竹純一弁護士が、5月24日(月)東京・半蔵門企業研究会セミナールームにおいて、下記タイトルの講演を行いました。
社団法人企業研究会
『ビジネス著作権法〜特に侵害論(模倣の範囲)〜の基礎実務』

荒竹純一弁護士が、1月26日(火)アルカディア市ヶ谷において、下記タイトルの講演を行いました。
著作権法違反防止と危機管理対応
〜社内規則・行動マニュアル見直しのポイントと留意点〜

千原曜弁護士が、平成21年10月23日(金)、SMBCコンサルティング主催 (Business Law JOURNAL企画協力)のセミナーにおいて、「特定商取引法・割賦販売法改正のチェックポイント」と題する講演を行いました。

千原曜弁護士が、平成21年9月28日(月)、社団法人日本クレジット協会の平成21年度特商法加盟店研究部会において講演いたします。

大岩直子弁護士山脇康嗣弁護士が、平成21年7月10日、早稲田大学において、「フィリピン残留日本人と国籍問題」についての講演を行いました。

佐藤和樹弁護士が、平成21年7月10日、琉球大学において、「フィリピン残留日本人と国籍問題」についての講演を行いました。

河合弘之弁護士、三島慶太郎弁護士が、平成21年7月11日、主婦会館プラザエフで行われたフィリピン残留日本人の帰国集会(「国々のはざまで〜フィリピン残留日本人2世をかこんで」)に出席、「残留問題の背景と現在と法的問題支援」についての講演を行いました。

河合弘之弁護士、青木秀茂弁護士が、平成21年7月13日、フィリピン残留日本人2世の存在及び問題点を説明するため、一時帰国した残留日本人とともに、外務省及び厚生労働省を訪問いたしました。

河合弘之弁護士が、平成21年7月19日放映のNHK海外ネットワーク「フィリピン残留日本人はいま」に出演し、フィリピン残留日本人の抱える問題点について解説いたしました。

荒竹純一弁護士が、7月29日(水)アルカディア市ヶ谷において、講演を行うことになりました。
横領などの社内不正に加え、セクハラ等の嫌疑がある場合などの真相解明に向けた内部調査の方法に関し、具体的、臨床的かつ実践的にそのノウハウを解説します。
コンプライアンス強化のための 社内不正発見のテクニックと社内不正発覚後の内部調査の方法

当事務所アドバイザリースタッフの栗橋孝芳(元RCC勤務)が、5月8日(金)T‘s銀座において第4回会社分割研究会セミナーの講師をすることになりました。
会社分割を活用した事業再生について、実務上のポイントを解説致します。
第4回会社分割研究会セミナー

来る5月25日(月)に当事務所の弁護士西村國彦とアドバイザリースタッフの栗橋孝芳(元整理回収機構(RCC)勤務)が、経営調査研究会主催のセミナーで講師をすることとなりました。
〜企業再生・ゴルフ場再生のプロ達が語る〜

松井清隆弁護士が、
鳥取県中小企業再生支援協議会主催の中小企業再生支援セミナー(平成21年3月6日)において、地方での再生の現状について講演を行いました。
・「地方再生の現場から」(PDF)

千原曜弁護士が、
ダイレクト・マーケティング・フェア実行委員会主催のセミナー(平成20年9月24日開催)において、特定商取引法改正及びネットワークビジネスの法令遵守のポイント等について講演を行いました。

白日光弁護士が、
・平成20年8月19日、東京地方検察庁において、裁判員制度と法教育についての講義を行いました(「裁判員制度と法教育に関する教員研修」)。

・平成20年7月18日、早稲田大学において、フィリピン残留日本人問題についての講演を行いました(早稲田大学オープン科目「人権と市民活動・ボランティア」公開講座:「日本人としてのアイデンティティーを回復するために〜戦争によってフィリピンに取り残された"日本人"たち〜」)。